Children Growth Support -C.G.S体操教室,就職活動,社会で活躍できることを目的とした子どもの成長をサポートするサービス-

就職活動サポート


本当の好きを徹底的にブラッシュアップして好きから得意を仕事にする!

採用企業視点、サポート企業の視点、学生の視点と
様々な角度から就職活動をサポートします。

しかし、内定を取ることがゴールではありません。
内定後の働き方も徹底的に考えて、
就活準備⇒就活⇒内定⇒内定後⇒入社後もサポートし続けることが特徴です。

採用企業がどんな視点で学生にアプローチしているのか。

就職サイト運営会社が何をコンセプトに学生・企業にアプローチしているのか。

学生が行うべき本当の就職活動とは。

世の中の就職活動の事情を知ったうえで、

自分自身が本当に好きなことはどんなことで、どんなことをするのが得意なのか。

どんなことならやり続けていけるのか。

マンツーマンで徹底的にサポートします!


無料説明会実施中!
毎週土曜日 10:00~

【説明会開催場所】
横浜駅周辺
お申し込み頂きましたら詳細をお送りします。

【内容】
C.G.S就活サポートのご案内
就活相談も実施します。

【参加費】
無料

【申し込み方法】
下記までご連絡下さい。
children.growth.s@gmail.com
氏名、ご連絡先、学年、希望日を記載してメールして下さい。

お問い合わせも大歓迎!
C.G.S就活サポート 実施内容
◆対象
大学生、短大生、専門学校生
(時期はいつでも構わないが早い分だけしっかりとした準備ができる)

◆ポイント
・大学2年~3年の前期(専門も同様)に入るとしっかりと就活の準備ができる!
・期限がない。(就職後もサポートし続ける)
・Children Growth Support代表が持てるだけのスキルを発揮して最大限サポート
・時間の許す限り面談をする(昼夜問いません)、面談の限度回数なし(1回1.5~2時間)
・回数制限がないので、相談したいときいつでも相談できる(Skype、電話も可能)
・企業人事責任者を担った代表の平井が、学生が知る機会の少ない企業視点を包み隠さずレクチャーする。
・自分の好きを徹底的に明らかにして、自分の知らない自分を見つけ出せる。
・キャリア構築の軸作り、修正をサポートし続ける
・学生の内から出来る、社会人になって役立つスキル習得(PDCA、対人対応力、プレゼンテーション力など)
・メンタルケア(就職活動は悩みを抱えやすい。友達もライバルに見える環境です。そのような中でどうモチベーションを保つかは非常に重要)
・どこまでも一緒になってキャリアを作る。
・受講者同士の繋がり、代表の人脈との繋がりを得られる。


◆キャリア構築ステップ
1.本当の好き、得意なこと、経験をブラッシュアップして自分軸の形成(よくいう自己分析だけどよくある浅いのとは違う。)

2.経験に基づいて興味深い分野を探す(ex.スポーツが好きだからスポーツ!ではなく、スポーツからどんなことを得てどんな風にしてることが好きなのかってことから業界を探す。)

3.企業ごとに自分軸とのマッチングをはかる(企業研究、企業の求めることをブラッシュアップして自分軸と照らし合わせ)

4.ESの作成サポート
(自分軸がしっかりしてればすすっと書けるようになります)

5.面接練習
(散々想いを語らせる(笑)のでそれがそもそもの練習になります。どんな角度からも応えられるようにして行きます。)

6.内定後の行動サポート
(社会人になって即戦力となる考え方や行動の仕方を日常から出来るように習慣作りをサポートします。)

7.就業後の悩み相談、メンタル、キャリア構築のサポートを行います。


【期間】
定めなし。入ったら「ずっと」です。

【定員】
10名

【内容】
回数無制限(1回1.5~2時間)

【面談の仕方】
事前にアポイントをとって頂きます

【場所】
主に横浜駅周辺
東急田園都市線 青葉台駅、藤が丘駅周辺
詳細はアポイント時にお知らせします。

スケジュールによっては都内または別の場所も対応できることもございます。


【費用】
¥54,000-(税込)
現金またはお振込にてお支払い頂きます。
分割払いなどもご相談を承ります。お気軽にお申し出下さい。

講師紹介
平井 健治

Children Growth Support代表。

事業会社にて営業、人事を経験する。人事では責任者を担い新卒・中途採用のスキーム構築、面接、内定フォロー、社員教育と全ての裁量を持って取り組む。
経営企画、社内コーディネートも担うことで経営視点から人事に従事してきた。
いかに魅力ある会社だと学生に思ってもらえるか、学生に伝えたい特徴を伝えらるかにこだわってスキーム構築を行うことで、説明会参加学生にピンポイントに特徴を伝えられた。

企業人事として、また就職メディアの視点、学生視点をもって人事を行う中で違和感を持つ。
その違和感とは、「本当の学生のためになる就職活動は提供できないのか?」という課題だった。
課題を解決するには独立し、フリーな状態から学生をサポートすることでフィルタを介さず学生に接することが出来る。
また、就職活動支援はセミナー型、塾型が多く対大人数のものがある中、マンツーマンかつ就職後もサポートするサービスはなかったことでサポートを開始する。






All contents copyright © 2014 Children Growth Support All rights reserved.